[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
a-531.jpg
440×426、 32.0KB
CGで見る生物のしくみとはたらきヒトの感覚器嗅覚器・味覚器・体性感覚器
嗅覚器の構造(鼻腔の断面)
鼻腔の天井付近には嗅細胞を含む嗅粘膜が存在する。匂いはここで受容される。嗅細胞で受容された興奮は嗅神経を介して中枢神経に送られる。

静止画
a-532.jpg
440×426、 25.8KB
CGで見る生物のしくみとはたらきヒトの感覚器嗅覚器・味覚器・体性感覚器
舌の味覚細胞の分布
味覚は、舌の先端付近で甘味、先端から外側にかけての広範囲で塩味、両側で酸味、奥側で苦味を感じる。

静止画
a-533.jpg
440×426、 50.1KB
CGで見る生物のしくみとはたらきヒトの感覚器嗅覚器・味覚器・体性感覚器
舌乳頭の構造
舌には糸状乳頭、茸状乳頭および有郭乳頭が存在する。

静止画
a-534.jpg
440×426、 44.5KB
CGで見る生物のしくみとはたらきヒトの感覚器嗅覚器・味覚器・体性感覚器
味覚芽の構造
味覚芽は味蕾(みらい)とも呼ばれ、味細胞と支持細胞によって構成されている。味は味孔から入って味細胞に到達し受容される。

静止画
a-535.jpg
440×426、 36.6KB
CGで見る生物のしくみとはたらきヒトの感覚器嗅覚器・味覚器・体性感覚器
皮膚の構造
皮膚は表皮、真皮および皮下組織からなる。表皮では細胞が表面に向かって徐々に扁平になっており、さらに核を失って角質となり、垢として剥離する。こうして、常に新しい皮膚がつくられている。皮膚には毛、汗腺などがある。

静止画
a-536.jpg
440×426、 47.6KB
CGで見る生物のしくみとはたらきヒトの感覚器嗅覚器・味覚器・体性感覚器
皮膚の受容器
皮膚には温覚、冷覚、痛覚、触覚などを受容するセンサーとして、神経の自由末端、マイスナー小体、クラウゼ小体、メルケル小体、ルフィーニ小体およびパチーニ小体など様々な受容器が存在する。

静止画
a-537.jpg
440×426、 36.1KB
CGで見る生物のしくみとはたらきヒトの感覚器嗅覚器・味覚器・体性感覚器
汗腺の構造
汗腺は皮膚に開口する腺で、全身の皮膚に約200万個ある。汗腺は真皮に位置し、毛細血管に富む。そこで分泌された汗は導管を通って表皮に流れ出る。