[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
a-3b1.jpg
440×426、 29.5KB
CGで見る生物のしくみとはたらきヒトの骨格膝関節・腰椎・脊椎・骨組識
膝関節の構造
人体の膝関節の構造(膝蓋骨を除いた右足を真正面から見たところ)。大腿骨と脛骨で形成される。関節の間には2つの関節半月がありクッションの役目をしている。十字靱帯は関節を補強している。

静止画
a-3b2.jpg
440×426、 27.9KB
CGで見る生物のしくみとはたらきヒトの骨格膝関節・腰椎・脊椎・骨組識
腰椎
腰椎は体の重心近くにあり、大きな力がかかる。そのため椎間板ヘルニアなど多くの障害を受けやすい。

静止画
a-3b3.jpg
440×426、 22.6KB
CGで見る生物のしくみとはたらきヒトの骨格膝関節・腰椎・脊椎・骨組識
脊椎
脊椎(第七胸椎)の拡大図。椎体、上関節突起、棘突起、横突起が観察される。

静止画
a-3b4.jpg
440×426、 25.3KB
CGで見る生物のしくみとはたらきヒトの骨格膝関節・腰椎・脊椎・骨組識
脊椎断面
人体の椎骨の断面。椎体の周囲の緻密質と内部の海綿質が観察される。上下に隣接する椎骨との関節突起があり(図では上関節突起が見える)、左右に横突起が突出している。

静止画
a-3b5.jpg
440×426、 47.1KB
CGで見る生物のしくみとはたらきヒトの骨格膝関節・腰椎・脊椎・骨組識
骨組織
皮質には合板のような構造をした外基礎層板とその内側にバウムクーヘン状の構造をした骨単位(オステオン)があり、その中央には血管を通すハヴァース管がある。骨単位同志の間には介在層板がある。緻密質の内側には海綿質がある。

静止画
a-3b6.jpg
440×426、 32.6KB
CGで見る生物のしくみとはたらきヒトの骨格膝関節・腰椎・脊椎・骨組識
破骨細胞と骨芽細胞
古くなった骨は破骨細胞によって壊され、その後に骨芽細胞によって新しい骨が作られる。こうして常に新しい骨細胞に置き換わっている。