[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
a-631.jpg
440×426、 35.7KB
CGで見る生物のしくみとはたらきヒトの消化器消化器(胃・小腸・大腸)
胃全景
胃は食道と十二指腸の間にあり、横隔膜の下に位置する袋状の臓器。飲食物が入ると膨らみ最大1.5リットル位までになる。

動画
a-632.mpg
320×240、 2.83MB

CGで見る生物のしくみとはたらき
ヒトの消化器消化器(胃・小腸・大腸)
胃底腺
胃底腺には主細胞および壁細胞があり、それぞれペプシノーゲン、塩酸を分泌する。この他に粘液を分泌する細胞があり、胃粘膜の表面を粘液でコーティングすることによって、胃自体がペプシンや塩酸により消化されないようになっている。

静止画
a-633.jpg
440×426、 36.4KB
CGで見る生物のしくみとはたらきヒトの消化器消化器(胃・小腸・大腸)
胃の区域
胃は食道が開口する噴門からはじまり、十二指腸に開口する幽門までの間に位置する。上側から胃底部、胃体部、幽門前庭部に分けられる。

動画
a-634.mpg
320×240、 2.93MB

CGで見る生物のしくみとはたらき
ヒトの消化器消化器(胃・小腸・大腸)
小腸、小腸壁、柔毛の構造
小腸壁の内腔には大きなひだである輪状ひだがあり、そのひだは柔毛によって覆われている。輪状ひだと柔毛によって表面積を広げ吸収効率を高めている。吸収された栄養分のうち糖とタンパク質は毛細血管で、脂質はリンパ管で運ばれる。

静止画
a-635.jpg
440×426、 40.6KB
CGで見る生物のしくみとはたらきヒトの消化器消化器(胃・小腸・大腸)
大腸
大腸は上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸と続き肛門につながっている。小腸が上行結腸に開口する部分より下を盲腸といい、そこには虫垂が存在する。大腸では内容物を肛門の方へ送ると同時に水分を吸収し、便を生成している。

静止画
a-636.jpg
440×426、 38.4KB
CGで見る生物のしくみとはたらきヒトの消化器消化器(胃・小腸・大腸)
吸収された栄養分の移動
吸収された栄養分のうち、ブドウ糖とアミノ酸は血管に入り、門脈から肝臓に送られる。脂質はリンパ管に入り、胸管から静脈系に注がれる。

動画
a-637.mpg
320×240、 1.51MB

CGで見る生物のしくみとはたらき
ヒトの消化器消化器(胃・小腸・大腸)
蠕動運動
蠕動運動は食道から直腸までの消化管などでみられる運動で、筋肉が収縮してできたくびれが次々と伝わり、内容物を送る働きをする。

動画
a-638.mpg
320×240、 2.20MB

CGで見る生物のしくみとはたらき
ヒトの消化器消化器(胃・小腸・大腸)
分節運動
分節運動は小腸などでみられる運動で、筋肉が交互に収縮と拡張を繰り返して多数の節をつくることによって、内容物をよく混ぜ合わせる働きをする。