[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-hiy1.jpg
360×480、 60.9KB
伝統的工芸品仏壇・仏具:東北地方・中部地方飯山仏壇(いいやまぶつだん)長野県
金仏壇「三方開」
飯山仏壇は、17世紀後期に始まる。厚い木をふんだんに使用するので、目方が重いといわれる。材料は、マツ、スギ、ホオノキなど。金具は、銅、銅合金。天然漆。金箔。主な工程は、宮殿(くうでん)造り、箔押し、蒔絵、かざり金具。主な産地:長野県/飯山市。