[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-hyg1.jpg
420×420、 66.5KB
伝統的工芸品仏壇・仏具:東北地方・中部地方山形仏壇(やまがたぶつだん)山形県
金仏壇「三方開張(けやきばり)純金箔押」
山形仏壇は、江戸時代前期に始まる。特徴は、木地前面にケヤキ、セン等の木目板を張り、木目を出した塗りを施してぬくもりを出している。材料は、マツ、ケヤキなど。銅、天然漆。金箔。主な工程は、宮殿(くうでん)、箔押し、蒔絵、金具。主な産地:山形県/山形市。