[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-lkz1.jpg
420×420、 50.5KB
伝統的工芸品伝統的工芸材料・用具:中部・近畿地方金沢箔(かなざわはく:工芸材料)石川県
金箔(きんぱく)
金沢箔は、16世紀末期に加賀藩の振興により始まり発展した。全国の90%以上を生産している。金箔の厚さは1万分の1〜2ミリ。うるし塗り、絵画、金銀糸などに使用。材料は、金、銀、銅。主な技法は、紙仕込み、澄(ずみ)打ち、打ち前、箔移し。主な産地:石川県/金沢市。

静止画
x-lkz2.jpg
360×480、 36.2KB
伝統的工芸品伝統的工芸材料・用具:中部・近畿地方金沢箔(かなざわはく:工芸材料)石川県
金屏風(びょうぶ)
金沢箔は、16世紀末期に加賀藩の振興により始まり発展した。全国の90%以上を生産している。金箔の厚さは1万分の1〜2ミリ。うるし塗り、絵画、金銀糸などに使用。材料は、金、銀、銅。主な技法は、紙仕込み、澄(ずみ)打ち、打ち前、箔移し。主な産地:石川県/金沢市。

静止画
x-lkz3.jpg
530×400、 41.8KB
伝統的工芸品伝統的工芸材料・用具:中部・近畿地方金沢箔(かなざわはく:工芸材料)石川県
お盆「金箔加工品」
金沢箔は、16世紀末期に加賀藩の振興により始まり発展した。全国の90%以上を生産している。金箔の厚さは1万分の1〜2ミリ。うるし塗り、絵画、金銀糸などに使用。材料は、金、銀、銅。主な技法は、紙仕込み、澄(ずみ)打ち、打ち前、箔移し。主な産地:石川県/金沢市。

動画
x-lkz4.mpg
320×240、 1.53MB

伝統的工芸品
伝統的工芸材料・用具:中部・近畿地方金沢箔(かなざわはく:工芸材料)石川県
金沢箔の澄(ずみ)打ち工程
16世紀末に始まり、加賀藩の庇護(ひご)の下に栄えた。今日でも、その品質の良さによって全国の需要(じゅよう)の9割以上を満たし、各種伝統的工芸品の材料として幅広く使用されている。