[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-gtk1.jpg
420×420、 32.7KB
伝統的工芸品金工品・打刃物:東北・関東地方東京銀器(とうきょうぎんき)東京都
亀甲(きっこう)紋酒器
東京銀器は、17世紀後半に始まり18世紀中ごろに盛んになった。伝統的に食器、置物、神仏具、アクセサリーなどを生産している。材料は、純度92.5%以上の銀。主な技法は、たん金、彫金、きりはめ、模様打ち、めっき、銀ろう付け、色あげ。主な産地:東京都/区内全域。

静止画
x-gtk2.jpg
420×420、 31.0KB
伝統的工芸品金工品・打刃物:東北・関東地方東京銀器(とうきょうぎんき)東京都
あられ銀瓶(ぎんびん)
東京銀器は、17世紀後半に始まり18世紀中ごろに盛んになった。伝統的に食器、置物、神仏具、アクセサリーなどを生産している。材料は、純度92.5%以上の銀。主な技法は、たん金、彫金、きりはめ、模様打ち、めっき、銀ろう付け、色あげ。主な産地:東京都/区内全域。

静止画
x-gtk3.jpg
420×420、 33.7KB
伝統的工芸品金工品・打刃物:東北・関東地方東京銀器(とうきょうぎんき)東京都
フラスク(水筒)
東京銀器は、17世紀後半に始まり18世紀中ごろに盛んになった。伝統的に食器、置物、神仏具、アクセサリーなどを生産している。材料は、純度92.5%以上の銀。主な技法は、たん金、彫金、きりはめ、模様打ち、めっき、銀ろう付け、色あげ。主な産地:東京都/区内全域。

動画
x-gtk4.mpg
320×240、 1.15MB

伝統的工芸品
金工品・打刃物:東北・関東地方東京銀器(とうきょうぎんき)東京都
東京銀器の製作工程
17世紀後半には銀器職人(ぎんきしょくにん)が存在し、町人の間でも銀製品が使用された。技法により鍛金(たんきん)製品、彫金(ちょうきん)製品、切嵌(きりばめ)製品があり、鍛金製品には紋様打ち、彫金、切嵌の模様付け技法を組み合わせたものもある。