[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-gyg1.jpg
360×480、 33.2KB
伝統的工芸品金工品・打刃物:東北・関東地方山形鋳物(やまがたいもの)山形県
銅蓋(どうぶた)鉄瓶
山形鋳物は、14世紀中ごろ始まり16世紀末ごろ盛んになった。伝統的に茶の湯釜、鉄びんなどを生産している。材料は、砂鉄、鋳物用せん鉄、銅合金。主な技法は、鋳型作り(ひき型、込め型)、紋様押し、はだ打ち、着色。主な産地:山形県/山形市。

静止画
x-gyg2.jpg
420×420、 29.7KB
伝統的工芸品金工品・打刃物:東北・関東地方山形鋳物(やまがたいもの)山形県
銅蓋(どうぶた)銚子酒器
山形鋳物は、14世紀中ごろ始まり16世紀末ごろ盛んになった。伝統的に茶の湯釜、鉄びんなどを生産している。材料は、砂鉄、鋳物用せん鉄、銅合金。主な技法は、鋳型作り(ひき型、込め型)、紋様押し、はだ打ち、着色。主な産地:山形県/山形市。

静止画
x-gyg3.jpg
420×420、 33.6KB
伝統的工芸品金工品・打刃物:東北・関東地方山形鋳物(やまがたいもの)山形県
真形釜(しんなりがま)茶道具
山形鋳物は、14世紀中ごろ始まり16世紀末ごろ盛んになった。伝統的に茶の湯釜、鉄びんなどを生産している。材料は、砂鉄、鋳物用せん鉄、銅合金。主な技法は、鋳型作り(ひき型、込め型)、紋様押し、はだ打ち、着色。主な産地:山形県/山形市。