[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-gto1.jpg
420×420、 26.9KB
伝統的工芸品金工品・打刃物:中部地方高岡銅器(たかおかどうき)富山県
青銅花器
高岡銅器は、16世紀末加賀藩の振興により始まった。伝統的に花器、茶器、神仏具などのほか、全国のほとんどのぼんしょう、銅像を生産。材料は、唐金と呼ばれる銅合金。主な技法は、鋳型造り(引き型、こめ型)、彫金、煮込み、焼色。主な産地:富山県/高岡市。

静止画
x-gto2.jpg
420×420、 36.9KB
伝統的工芸品金工品・打刃物:中部地方高岡銅器(たかおかどうき)富山県
香炉(高岡銅器)
高岡銅器は、16世紀末加賀藩の振興により始まった。伝統的に花器、茶器、神仏具などのほか、全国のほとんどのぼんしょう、銅像を生産。材料は、唐金と呼ばれる銅合金。主な技法は、鋳型造り(引き型、こめ型)、彫金、煮込み、焼色。主な産地:富山県/高岡市。

静止画
x-gto3.jpg
420×420、 24.4KB
伝統的工芸品金工品・打刃物:中部地方高岡銅器(たかおかどうき)富山県
ぶんちん「良寛」(りょうかん)
高岡銅器は、16世紀末加賀藩の振興により始まった。伝統的に花器、茶器、神仏具などのほか、全国のほとんどのぼんしょう、銅像を生産。材料は、唐金と呼ばれる銅合金。主な技法は、鋳型造り(引き型、こめ型)、彫金、煮込み、焼色。主な産地:富山県/高岡市。

動画
x-gto4.mpg
320×240、 1.15MB

伝統的工芸品
金工品・打刃物:中部地方高岡銅器(たかおかどうき)富山県
高岡銅器の製作工程
17世紀初め、加賀藩(かがはん)の育成のもとにはじまる。主原料の唐金(からかね)は、銅、亜鉛(あえん)、鉛(なまり)、錫(すず)の合金で、柔和な渋みがあり、その配合割合、鋳型造り(いがたづくり)、押紋様、型焼き、彫金、着色など伝統的な技法が受け継がれている。