[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-few1.jpg
530×400、 52.9KB
伝統的工芸品木工品・竹工品:関東地方江戸和竿(えどわざお)東京都
ヤマベ竿、タナゴ竿
江戸和竿は、享保年間(1716〜36年)に始まる。和竿は、魚の種類や釣り場によってこしらえが異なり、さまざまな形に作られる。材料は、ホテイチク、ヤダケ、マダケなど。主な技法は、つぎのすげ口、仕上げの漆ふき。主な産地:東京都。埼玉県。千葉県。

静止画
x-few2.jpg
420×420、 32.3KB
伝統的工芸品木工品・竹工品:関東地方江戸和竿(えどわざお)東京都
フナ竿
江戸和竿は、享保年間(1716〜36年)に始まる。和竿は、魚の種類や釣り場によってこしらえが異なり、さまざまな形に作られる。材料は、ホテイチク、ヤダケ、マダケなど。主な技法は、つぎのすげ口、仕上げの漆ふき。主な産地:東京都。埼玉県。千葉県。

静止画
x-few3.jpg
530×400、 57.4KB
伝統的工芸品木工品・竹工品:関東地方江戸和竿(えどわざお)東京都
小フナ竿
江戸和竿は、享保年間(1716〜36年)に始まる。和竿は、魚の種類や釣り場によってこしらえが異なり、さまざまな形に作られる。材料は、ホテイチク、ヤダケ、マダケなど。主な技法は、つぎのすげ口、仕上げの漆ふき。主な産地:東京都。埼玉県。千葉県。