[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-fog1.jpg
530×400、 61.3KB
伝統的工芸品木工品・竹工品:近畿地方大阪金剛簾(おおさかこんごうすだれ)大阪府
お座敷すだれ(間仕切り仕様)
大阪金剛簾の始まりは、平安時代にさかのぼり、江戸時代後期に発展した。古くは宮廷、寺社、大名などの威厳を表し、現在は夏のくらしの風物詩として愛用されている。材料は、マダケ。絹糸、綿糸。主な技法は、あら割り、小割りをしてひごを作り編む。主な産地:大阪府/富田林市。

静止画
x-fog2.jpg
360×480、 39.3KB
伝統的工芸品木工品・竹工品:近畿地方大阪金剛簾(おおさかこんごうすだれ)大阪府
洋風お座敷すだれ
大阪金剛簾の始まりは、平安時代にさかのぼり、江戸時代後期に発展した。古くは宮廷、寺社、大名などの威厳を表し、現在は夏のくらしの風物詩として愛用されている。材料は、マダケ。絹糸、綿糸。主な技法は、あら割り、小割りをしてひごを作り編む。主な産地:大阪府/富田林市。

静止画
x-fog3.jpg
530×400、 59.7KB
伝統的工芸品木工品・竹工品:近畿地方大阪金剛簾(おおさかこんごうすだれ)大阪府
お座敷すだれ
大阪金剛簾の始まりは、平安時代にさかのぼり、江戸時代後期に発展した。古くは宮廷、寺社、大名などの威厳を表し、現在は夏のくらしの風物詩として愛用されている。材料は、マダケ。絹糸、綿糸。主な技法は、あら割り、小割りをしてひごを作り編む。主な産地:大阪府/富田林市。