[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-akj1.jpg
360×480、 46.5KB
伝統的工芸品織物:沖縄県のみ喜如嘉の芭蕉布(きじょかのばしょうふ)沖縄県
絣着物地「ジンコービーマー」
喜如嘉の芭蕉布は、13世紀ごろに始まった。糸芭蕉(バナナの1種)から採れる繊維を織り上げる芭蕉布は、盛夏用のきもので沖縄の代表的な織物である。材料は芭蕉糸。主な技法は、糸のう引き。手うみ。先染め(手くくり)の平織り、紋織り。主な産地:沖縄県/国頭郡大宜味村。

静止画
x-akj2.jpg
420×420、 52.2KB
伝統的工芸品織物:沖縄県のみ喜如嘉の芭蕉布(きじょかのばしょうふ)沖縄県
緯絣九寸帯「シチガーラ」
喜如嘉の芭蕉布は、13世紀ごろに始まった。糸芭蕉(バナナの1種)から採れる繊維を織り上げる芭蕉布は、盛夏用のきもので沖縄の代表的な織物である。材料は芭蕉糸。主な技法は、糸のう引き。手うみ。先染め(手くくり)の平織り、紋織り。主な産地:沖縄県/国頭郡大宜味村。

静止画
x-akj3.jpg
420×420、 44.2KB
伝統的工芸品織物:沖縄県のみ喜如嘉の芭蕉布(きじょかのばしょうふ)沖縄県
八寸帯地(はっすんおびじ)
喜如嘉の芭蕉布は、13世紀ごろに始まった。糸芭蕉(バナナの1種)から採れる繊維を織り上げる芭蕉布は、盛夏用のきもので沖縄の代表的な織物である。材料は芭蕉糸。主な技法は、糸のう引き。手うみ。先染め(手くくり)の平織り、紋織り。主な産地:沖縄県/国頭郡大宜味村。