[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-akm1.jpg
420×420、 61.4KB
伝統的工芸品織物:沖縄県のみ久米島紬(くめじまつむぎ)沖縄県
絣着物地「クミバンジョウ」
久米島紬は、14世紀ごろインド系織物の技法が伝えられて始まった。日本最古のかすり織物といわれ、渋い色合いは着る人になじみ、肌を色白に見せる。材料は、生糸、真綿の手つむぎ糸。主な技法は先染め(手くくり)の平織り。主な産地:沖縄県/島尻郡仲里村、具志川村。

静止画
x-akm2.jpg
420×420、 54.3KB
伝統的工芸品織物:沖縄県のみ久米島紬(くめじまつむぎ)沖縄県
絣着物「十字重び」
久米島紬は、14世紀ごろインド系織物の技法が伝えられて始まった。日本最古のかすり織物といわれ、渋い色合いは着る人になじみ、肌を色白に見せる。材料は、生糸、真綿の手つむぎ糸。主な技法は先染め(手くくり)の平織り。主な産地:沖縄県/島尻郡仲里村、具志川村。

静止画
x-akm3.jpg
360×480、 35.3KB
伝統的工芸品織物:沖縄県のみ久米島紬(くめじまつむぎ)沖縄県
絣着物地「クジリゴーシ」
久米島紬は、14世紀ごろインド系織物の技法が伝えられて始まった。日本最古のかすり織物といわれ、渋い色合いは着る人になじみ、肌を色白に見せる。材料は、生糸、真綿の手つむぎ糸。主な技法は先染め(手くくり)の平織り。主な産地:沖縄県/島尻郡仲里村、具志川村。