[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-ark1.jpg
420×420、 33.1KB
伝統的工芸品織物:沖縄県のみ琉球絣(りゅうきゅうがすり)沖縄県
絣着物地「八十八」(はちじゅうはち)
琉球絣の起源は、14〜15世紀といわれ、東南アジア系のかすりを基本とする紋様と、沖縄の自然や動植物の名称を取り入れた図柄が特徴である。材料は、絹糸、綿糸、麻糸。主な技法は先染め(絵図、真芯、手くくりなど)の平織り。主な産地:沖縄県/那覇市、島尻郡東風平町。

静止画
x-ark2.jpg
420×420、 43.7KB
伝統的工芸品織物:沖縄県のみ琉球絣(りゅうきゅうがすり)沖縄県
絣着物地「十字手縞」(ジュージテジマ)
琉球絣の起源は、14〜15世紀といわれ、東南アジア系のかすりを基本とする紋様と、沖縄の自然や動植物の名称を取り入れた図柄が特徴である。材料は、絹糸、綿糸、麻糸。主な技法は先染め(絵図、真芯、手くくりなど)の平織り。主な産地:沖縄県/那覇市、島尻郡東風平町。

静止画
x-ark3.jpg
360×480、 47.6KB
伝統的工芸品織物:沖縄県のみ琉球絣(りゅうきゅうがすり)沖縄県
絣着物地「シチガーラ」
琉球絣の起源は、14〜15世紀といわれ、東南アジア系のかすりを基本とする紋様と、沖縄の自然や動植物の名称を取り入れた図柄が特徴である。材料は、絹糸、綿糸、麻糸。主な技法は先染め(絵図、真芯、手くくりなど)の平織り。主な産地:沖縄県/那覇市、島尻郡東風平町。