[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-ayt1.jpg
360×480、 39.4KB
伝統的工芸品織物:沖縄県のみ読谷山花織(よみたんざんはなおり)沖縄県
花織着物地(読谷山花織)
読谷山花織は、15世紀に始まりその特異な意匠から、タイ、ビルマなどから渡来した織物ではないかといわれている。花模様を色糸で浮かせ、絣の風合いをあしらった南国情緒あふれる織物である。材料は、生糸、綿糸。主な技法は、平織りの紋織物。主な産地:沖縄県/中頭郡読谷村。

静止画
x-ayt2.jpg
420×420、 41.5KB
伝統的工芸品織物:沖縄県のみ読谷山花織(よみたんざんはなおり)沖縄県
手花織(ていはなうい)帯地
読谷山花織は、15世紀に始まりその特異な意匠から、タイ、ビルマなどから渡来した織物ではないかといわれている。花模様を色糸で浮かせ、絣の風合いをあしらった南国情緒あふれる織物である。材料は、生糸、綿糸。主な技法は、平織りの紋織物。主な産地:沖縄県/中頭郡読谷村。

静止画
x-ayt3.jpg
420×420、 115.8KB
伝統的工芸品織物:沖縄県のみ読谷山花織(よみたんざんはなおり)沖縄県
花織着物(読谷山花織)
読谷山花織は、15世紀に始まりその特異な意匠から、タイ、ビルマなどから渡来した織物ではないかといわれている。花模様を色糸で浮かせ、絣の風合いをあしらった南国情緒あふれる織物である。材料は、生糸、綿糸。主な技法は、平織りの紋織物。主な産地:沖縄県/中頭郡読谷村。

動画
x-ayt4.mpg
320×240、 1.15MB

伝統的工芸品
織物:沖縄県のみ読谷山花織(よみたんざんはなおり)沖縄県
読谷山花織の織り工程
起源は15世紀、琉球王朝の御用布として、読谷(よみたん)住民以外の一般庶民は着用できなかったという。生糸、綿糸を素材に、可憐(かれん)であでやかな花模様を糸色で浮かせ、それに絣(かすり)の風合いをあしらった南国的な織物である。