[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-aym1.jpg
530×400、 47.4KB
伝統的工芸品織物:沖縄県のみ読谷山ミンサー(よみたんざんみんさー)沖縄県
たてうね織半幅帯「グーシ花」
読谷山ミンサーは、15世紀に始まり東南アジアの影響が強い織物といわれる。南国特有の色彩感覚に満ちた柄模様で知られ、模様には、グシバナ、そうこう花、絣などがある。材料は、綿糸。主な技法は、先染め(手くくり)のうね織り。主な産地:沖縄県/中頭郡読谷村。

静止画
x-aym2.jpg
420×420、 39.5KB
伝統的工芸品織物:沖縄県のみ読谷山ミンサ−(よみたんざんみんさー)沖縄県
たてうね織半幅帯3種
読谷山ミンサーは、15世紀に始まり東南アジアの影響が強い織物といわれる。南国特有の色彩感覚に満ちた柄模様で知られ、模様には、グシバナ、そうこう花、絣などがある。材料は、綿糸。主な技法は、先染め(手くくり)のうね織り。主な産地:沖縄県/中頭郡読谷村。

静止画
x-aym3.jpg
530×400、 46.4KB
伝統的工芸品織物:沖縄県のみ読谷山ミンサ−(よみたんざんみんさー)沖縄県
たてうね織半幅帯
読谷山ミンサーは、15世紀に始まり東南アジアの影響が強い織物といわれる。南国特有の色彩感覚に満ちた柄模様で知られ、模様には、グシバナ、そうこう花、絣などがある。材料は、綿糸。主な技法は、先染め(手くくり)のうね織り。主な産地:沖縄県/中頭郡読谷村。