[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-akr1.jpg
360×480、 49.9KB
伝統的工芸品織物:東北・関東地方桐生織(きりゅうおり)群馬県
緯錦織袋帯(ふくろおび)
桐生織は、18世紀中頃京都から技術を導入し発展した。多品種少量生産で高付加価値のジャガード織物である。材料は、生糸、玉糸、真綿のつむぎ糸。おめし織、にしき織、ふうつう織などの種類がある。主な技法は先染めの平織り、紋織り、綾織りなど。主な産地:群馬県/桐生市。

静止画
x-akr2.jpg
420×420、 65.4KB
伝統的工芸品織物:東北・関東地方桐生織(きりゅうおり)群馬県
有栖川(ありすがわ)錦袋帯
桐生織は、18世紀中頃京都から技術を導入し発展した。多品種少量生産で高付加価値のジャガード織物である。材料は、生糸、玉糸、真綿のつむぎ糸。おめし織、にしき織、ふうつう織などの種類がある。主な技法は先染めの平織り、紋織り、綾織りなど。主な産地:群馬県/桐生市。

静止画
x-akr3.jpg
420×420、 63.7KB
伝統的工芸品織物:東北・関東地方桐生織(きりゅうおり)群馬県
お召着物地
桐生織は、18世紀中頃京都から技術を導入し発展した。多品種少量生産で高付加価値のジャガード織物である。材料は、生糸、玉糸、真綿のつむぎ糸。おめし織、にしき織、ふうつう織などの種類がある。主な技法は先染めの平織り、紋織り、綾織りなど。主な産地:群馬県/桐生市。