[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-aot1.jpg
360×480、 25.8KB
伝統的工芸品織物:東北・関東地方置賜紬(おいたまつむぎ)山形県
米琉(よねりゅう)着物地
置賜紬は、江戸時代に上杉藩の奨励により発展した。製品は、米琉と白鷹の板締小絣、緯総絣、併用絣、紅花などの草木染紬がある。材料は生糸、玉糸、真綿のつむぎ糸。主な技法は先染め(板じめ、手くくりなど)の平織り。主な産地:山形県/米沢市、長井市、西置賜郡白鷹町。

静止画
x-aot2.jpg
420×420、 44.2KB
伝統的工芸品織物:東北・関東地方置賜紬(おいたまつむぎ)山形県
草木染着物地
置賜紬は、江戸時代に上杉藩の奨励により発展した。製品は、米琉と白鷹の板締小絣、緯総絣、併用絣、紅花などの草木染紬がある。材料は生糸、玉糸、真綿のつむぎ糸。主な技法は先染め(板じめ、手くくりなど)の平織り。主な産地:山形県/米沢市、長井市、西置賜郡白鷹町。

静止画
x-aot3.jpg
530×400、 41.3KB
伝統的工芸品織物:東北・関東地方置賜紬(おいたまつむぎ)山形県
着物地と帯
置賜紬は、江戸時代に上杉藩の奨励により発展した。製品は、米琉と白鷹の板締小絣、緯総絣、併用絣、紅花などの草木染紬がある。材料は生糸、玉糸、真綿のつむぎ糸。主な技法は先染め(板じめ、手くくりなど)の平織り。主な産地:山形県/米沢市、長井市、西置賜郡白鷹町。