[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-ahs1.jpg
360×480、 34.7KB
伝統的工芸品織物:中部地方本塩沢(ほんしおざわ)新潟県
絣地「鼓文様」(つづみもんよう)
本塩沢は、17世紀中ごろに始まる。よこ糸に強い撚りをかけ、織った後湯もみによって出す「しぼ」立てが特徴の絹織物である。材料は、生糸。主な技法は、先染め(手くくり、手すりこみ、板じめ、型紙なせん)の平織り。主な産地:新潟県/南魚沼郡塩沢町、六日町。

静止画
x-ahs2.jpg
360×480、 39.7KB
伝統的工芸品織物:中部地方本塩沢(ほんしおざわ)新潟県
絣地「唐草文様」(からくさもんよう)
本塩沢は、17世紀中ごろに始まる。よこ糸に強い撚りをかけ、織った後湯もみによって出す「しぼ」立てが特徴の絹織物である。材料は、生糸。主な技法は、先染め(手くくり、手すりこみ、板じめ、型紙なせん)の平織り。主な産地:新潟県/南魚沼郡塩沢町、六日町。

静止画
x-ahs3.jpg
530×400、 48.3KB
伝統的工芸品織物:中部地方本塩沢(ほんしおざわ)新潟県
絣縞「短冊文様」(たんざくもんよう)
本塩沢は、17世紀中ごろに始まる。よこ糸に強い撚りをかけ、織った後湯もみによって出す「しぼ」立てが特徴の絹織物である。材料は、生糸。主な技法は、先染め(手くくり、手すりこみ、板じめ、型紙なせん)の平織り。主な産地:新潟県/南魚沼郡塩沢町、六日町。