[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-aoj1.jpg
530×400、 54.7KB
伝統的工芸品織物:中部地方小千谷縮(おぢやちぢみ)新潟県
絣麻着物地「ツバキ」
小千谷縮は、古代からの越後布に始まり、17世紀中ごろ現在の技法が確立した。製品は、夏用の衣料で通気性に富み、独特のしぼは肌にベタつかず快適。材料は、ちょ麻糸。主な技法は、先染め(手くくり、手すりこみ)の平織り。主な産地:新潟県/小千谷市。

静止画
x-aoj2.jpg
360×480、 42.4KB
伝統的工芸品織物:中部地方小千谷縮(おぢやちぢみ)新潟県
白地絣着物地
小千谷縮は、古代からの越後布に始まり、17世紀中ごろ現在の技法が確立した。製品は、夏用の衣料で通気性に富み、独特のしぼは肌にベタつかず快適。材料は、ちょ麻糸。主な技法は、先染め(手くくり、手すりこみ)の平織り。主な産地:新潟県/小千谷市。

静止画
x-aoj3.jpg
360×480、 46.0KB
伝統的工芸品織物:中部地方小千谷縮(おぢやちぢみ)新潟県
藍地絣着物地
小千谷縮は、古代からの越後布に始まり、17世紀中ごろ現在の技法が確立した。製品は、夏用の衣料で通気性に富み、独特のしぼは肌にベタつかず快適。材料は、ちょ麻糸。主な技法は、先染め(手くくり、手すりこみ)の平織り。主な産地:新潟県/小千谷市。

動画
x-aoj4.mpg
320×240、 1.53MB

伝統的工芸品
織物:中部地方小千谷縮(おぢやちぢみ)新潟県
小千谷縮の製作工程
起源は古代からある越後布で、17世紀中ごろに現在の技法の原型が始まる。絣柄(かすりがら)は、手くくり、手摺り込み(てすりこみ)による。製織後、湯もみをして独特のしぼを出す。麻糸使いの夏物着尺地の代表的なものとして名高い。