[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-atc1.jpg
530×400、 45.2KB
伝統的工芸品織物:中部地方十日町明石ちぢみ(とおかまちあかしちぢみ)新潟県
矢絣着物地
十日町明石ちぢみは、19世紀初めに始まった。昭和前期には独特な清涼感をもった優雅な夏きものの代表として一世を風靡した。材料は、生糸、玉糸などの絹糸。主な技法は、しぼ出し。先染め(くびり、すりこみ)の平織り、あや織りなど。主な産地:新潟県/十日町市。

静止画
x-atc2.jpg
530×400、 47.0KB
伝統的工芸品織物:中部地方十日町明石ちぢみ(とおかまちあかしちぢみ)新潟県
絣着物地「紫地」
十日町明石ちぢみは、19世紀初めに始まった。昭和前期には独特な清涼感をもった優雅な夏きものの代表として一世を風靡した。材料は、生糸、玉糸などの絹糸。主な技法は、しぼ出し。先染め(くびり、すりこみ)の平織り、あや織りなど。主な産地:新潟県/十日町市。

静止画
x-atc3.jpg
360×480、 37.4KB
伝統的工芸品織物:中部地方十日町明石ちぢみ(とおかまちあかしちぢみ)新潟県
絣着物地「紺地」
十日町明石ちぢみは、19世紀初めに始まった。昭和前期には独特な清涼感をもった優雅な夏きものの代表として一世を風靡した。材料は、生糸、玉糸などの絹糸。主な技法は、しぼ出し。先染め(くびり、すりこみ)の平織り、あや織りなど。主な産地:新潟県/十日町市。