[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-auk1.jpg
420×420、 48.7KB
伝統的工芸品織物:中部地方牛首紬(うしくびつむぎ)石川県
草木染縞(くさきぞめしま)無地着物地
牛首紬の起源は、12世紀後半にさかのぼり、元禄年間には牛首紬の名で知られていた。2匹の蚕が共同で作る玉繭から製糸される、太くて節のある玉糸で織り上げるのが特徴。材料は生糸、座ぐりの玉糸。主な技法は先練り、先染めの平織り。主な産地:石川県/石川郡鶴来町、白峰村。

静止画
x-auk2.jpg
420×420、 30.8KB
伝統的工芸品織物:中部地方牛首紬(うしくびつむぎ)石川県
藍染縞(あいぞめしま)着物地
牛首紬の起源は、12世紀後半にさかのぼり、元禄年間には牛首紬の名で知られていた。2匹の蚕が共同で作る玉繭から製糸される、太くて節のある玉糸で織り上げるのが特徴。材料は生糸、座ぐりの玉糸。主な技法は先練り、先染めの平織り。主な産地:石川県/石川郡鶴来町、白峰村。

静止画
x-auk3.jpg
420×420、 41.9KB
伝統的工芸品織物:中部地方牛首紬(うしくびつむぎ)石川県
草木染縞(くさきぞめしま)着物地
牛首紬の起源は、12世紀後半にさかのぼり、元禄年間には牛首紬の名で知られていた。2匹の蚕が共同で作る玉繭から製糸される、太くて節のある玉糸で織り上げるのが特徴。材料は生糸、座ぐりの玉糸。主な技法は先練り、先染めの平織り。主な産地:石川県/石川郡鶴来町、白峰村。