[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-bny1.jpg
360×480、 51.7KB
伝統的工芸品染色品:関東・中部地方名古屋友禅(なごやゆうぜん)愛知県
型友禅染着尺地、摺りボカシ技法
名古屋友禅は、消費文化華やかな1730年代、尾張藩主徳川宗春の時代に京都などから技法が伝わり始まったといわれる。特徴は、渋みのある単彩濃淡調の色使い。材料は、絹織物。主な技法は、手描友禅と型友禅。主な産地:愛知県/名古屋市、春日井市、西尾市。

静止画
x-bny2.jpg
530×400、 80.9KB
伝統的工芸品染色品:関東・中部地方名古屋友禅(なごやゆうぜん)愛知県
型友禅染着尺地、写し糊技法
名古屋友禅は、消費文化華やかな1730年代、尾張藩主徳川宗春の時代に京都などから技法が伝わり始まったといわれる。特徴は、渋みのある単彩濃淡調の色使い。材料は、絹織物。主な技法は、手描友禅と型友禅。主な産地:愛知県/名古屋市、春日井市、西尾市。

静止画
x-bny3.jpg
530×400、 43.3KB
伝統的工芸品染色品:関東・中部地方名古屋友禅(なごやゆうぜん)愛知県
糸目糊友禅帯地「大名行列」
名古屋友禅は、消費文化華やかな1730年代、尾張藩主徳川宗春の時代に京都などから技法が伝わり始まったといわれる。特徴は、渋みのある単彩濃淡調の色使い。材料は、絹織物。主な技法は、手描友禅と型友禅。主な産地:愛知県/名古屋市、春日井市、西尾市。