[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-bky1.jpg
360×480、 38.8KB
伝統的工芸品染色品:近畿・九州地方京友禅(きょうゆうぜん)京都府
京友禅草花文着物地
京友禅は、8世紀から伝わり、「手描友禅技法」は17世紀後半に宮崎友禅斎が確立したといわれる。花鳥山水などを映した京友禅は、日本の着物の代名詞。材料は、絹織物。主な技法は、絵柄を筆で描く手描友禅と型紙を使用する型友禅。主な産地:京都府/京都市、宇治市、亀岡市。

静止画
x-bky2.jpg
420×420、 58.6KB
伝統的工芸品染色品:近畿・九州地方京友禅(きょうゆうぜん)京都府
京友禅黒留袖(くろとめそで)地
京友禅は、8世紀から伝わり、「手描友禅技法」は17世紀後半に宮崎友禅斎が確立したといわれる。花鳥山水などを映した京友禅は、日本の着物の代名詞。材料は、絹織物。主な技法は、絵柄を筆で描く手描友禅と型紙を使用する型友禅。主な産地:京都府/京都市、宇治市、亀岡市。

静止画
x-bky3.jpg
420×420、 60.1KB
伝統的工芸品染色品:近畿・九州地方京友禅(きょうゆうぜん)京都府
京友禅訪問着地
京友禅は、8世紀から伝わり、「手描友禅技法」は17世紀後半に宮崎友禅斎が確立したといわれる。花鳥山水などを映した京友禅は、日本の着物の代名詞。材料は、絹織物。主な技法は、絵柄を筆で描く手描友禅と型紙を使用する型友禅。主な産地:京都府/京都市、宇治市、亀岡市。

動画
x-bky4.mpg
320×240、 1.53MB

伝統的工芸品
染色品:近畿・九州地方京友禅(きょうゆうぜん)京都府
京友禅の染め工程
8世紀から伝わる染色技法で、手描(てがき)と型(かた)に別けられる。手描友禅は17世紀後半に宮崎友禅斎(みやざきゆうぜんさい)が確立したと伝えられる。高度な技法が受け継がれ、華麗(かれい)多彩な柄模様を染める。わが国の代表的な染めの大産地である。