[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-erk1.jpg
420×420、 21.9KB
伝統的工芸品漆器:近畿・中国四国・九州地方琉球漆器(りゅうきゅうしっき)沖縄県
朱黒縁菓子器
琉球漆器は、15世紀初めに始まった。赤、黄、緑など原色をあしらったあざやかさが特徴である。材料は、天然漆。デイゴなど地元独特の天然木材。主な技法は、布着せ、紙着せ、塗り立て、ろいろ塗り、ついきん、らでん、沈金、箔絵。主な産地:沖縄県/那覇市、島尻郡南風原町。

静止画
x-erk2.jpg
420×420、 23.1KB
伝統的工芸品漆器:近畿・中国四国・九州地方琉球漆器(りゅうきゅうしっき)沖縄県
ボンボン入れ菓子器
琉球漆器は、15世紀初めに始まった。赤、黄、緑など原色をあしらったあざやかさが特徴である。材料は、天然漆。デイゴなど地元独特の天然木材。主な技法は、布着せ、紙着せ、塗り立て、ろいろ塗り、ついきん、らでん、沈金、箔絵。主な産地:沖縄県/那覇市、島尻郡南風原町。

静止画
x-erk3.jpg
420×420、 25.3KB
伝統的工芸品漆器:近畿・中国四国・九州地方琉球漆器(りゅうきゅうしっき)沖縄県
堆錦中棗(ついきんちゅうなつめ)
琉球漆器は、15世紀初めに始まった。赤、黄、緑など原色をあしらったあざやかさが特徴である。材料は、天然漆。デイゴなど地元独特の天然木材。主な技法は、布着せ、紙着せ、塗り立て、ろいろ塗り、ついきん、らでん、沈金、箔絵。主な産地:沖縄県/那覇市、島尻郡南風原町。