[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-eaz1.jpg
420×420、 29.0KB
伝統的工芸品漆器:東北・関東地方会津塗(あいづぬり)福島県
竜田川蒔絵(まきえ)めいめい皿
会津塗は、16世紀後半に会津藩の振興により発展した。縁起の良い意匠や多彩な加飾が特徴。材料は、天然漆。ホオノキなどの天然木材。主な技法は、花塗り、きじろ塗り、金虫くい塗り。いろいろなまき絵、沈金、にしき絵、会津絵、鉄さび塗り。主な産地:福島県/会津若松市。

静止画
x-eaz2.jpg
420×420、 36.2KB
伝統的工芸品漆器:東北・関東地方会津塗(あいづぬり)福島県
鶴蒔絵屠蘇器(つるまきえとそき)
会津塗は、16世紀後半に会津藩の振興により発展した。縁起の良い意匠や多彩な加飾が特徴。材料は、天然漆。ホオノキなどの天然木材。主な技法は、花塗り、きじろ塗り、金虫くい塗り。いろいろなまき絵、沈金、にしき絵、会津絵、鉄さび塗り。主な産地:福島県/会津若松市。

静止画
x-eaz3.jpg
420×420、 35.6KB
伝統的工芸品漆器:東北・関東地方会津塗(あいづぬり)福島県
うるし絵三段重
会津塗は、16世紀後半に会津藩の振興により発展した。縁起の良い意匠や多彩な加飾が特徴。材料は、天然漆。ホオノキなどの天然木材。主な技法は、花塗り、きじろ塗り、金虫くい塗り。いろいろなまき絵、沈金、にしき絵、会津絵、鉄さび塗り。主な産地:福島県/会津若松市。

動画
x-eaz4.mpg
320×240、 1.15MB

伝統的工芸品
漆器:東北・関東地方会津塗(あいづぬり)福島県
会津塗の製作工程
16世紀後半に会津藩(あいづはん)の振興(しんこう)により発展。ホオノキ、トチノキ、ケヤキなどを木地として日用漆器を生産している。製品は、消粉、色粉などの蒔絵(まきえ)と沈金(ちんきん)の加飾に特徴がある。下地は渋下地、さび下地である。