[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-ehh1.jpg
530×400、 40.4KB
伝統的工芸品漆器:東北・関東地方秀衡塗(ひでひらぬり)岩手県
盛器(もりき)
秀衡塗は、12世紀、奥州藤原氏によって始まる。ひでひら型のわん、金箔のひし紋と漆絵のひでひら模様が特徴である。材料は、天然漆。ケヤキ、ホオノキなどの天然木材。主な技法は、花塗り、ろいろ塗り、雲地がき、箔はり、漆絵。主な産地:岩手県/盛岡市、西磐井郡平泉町。

静止画
x-ehh2.jpg
420×420、 27.5KB
伝統的工芸品漆器:東北・関東地方秀衡塗(ひでひらぬり)岩手県
三ツ椀(みつわん)
秀衡塗は、12世紀、奥州藤原氏によって始まる。ひでひら型のわん、金箔のひし紋と漆絵のひでひら模様が特徴である。材料は、天然漆。ケヤキ、ホオノキなどの天然木材。主な技法は、花塗り、ろいろ塗り、雲地がき、箔はり、漆絵。主な産地:岩手県/盛岡市、西磐井郡平泉町。

静止画
x-ehh3.jpg
420×420、 30.7KB
伝統的工芸品漆器:東北・関東地方秀衡塗(ひでひらぬり)岩手県
大椀(おおわん)
秀衡塗は、12世紀、奥州藤原氏によって始まる。ひでひら型のわん、金箔のひし紋と漆絵のひでひら模様が特徴である。材料は、天然漆。ケヤキ、ホオノキなどの天然木材。主な技法は、花塗り、ろいろ塗り、雲地がき、箔はり、漆絵。主な産地:岩手県/盛岡市、西磐井郡平泉町。