[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-ejh1.jpg
420×420、 23.9KB
伝統的工芸品漆器:東北・関東地方浄法寺塗(じょうほうじぬり)岩手県
溜塗(ためぬり)高台鉢
浄法寺塗は、8世紀前半、天台寺の寺僧によって始められた。じょうぶで存在感のある実用漆器が特徴である。材料は、天然漆。ケヤキ、ホオノキなどの天然木材。主な技法は、花塗り、ろいろ塗り、漆絵、粉まき絵、南部箔絵。主な産地:岩手県/盛岡市、二戸郡浄法寺町。

静止画
x-ejh2.jpg
420×420、 25.6KB
伝統的工芸品漆器:東北・関東地方浄法寺塗(じょうほうじぬり)岩手県
うるし絵三段重
浄法寺塗は、8世紀前半、天台寺の寺僧によって始められた。じょうぶで存在感のある実用漆器が特徴である。材料は、天然漆。ケヤキ、ホオノキなどの天然木材。主な技法は、花塗り、ろいろ塗り、漆絵、粉まき絵、南部箔絵。主な産地:岩手県/盛岡市、二戸郡浄法寺町。

静止画
x-ejh3.jpg
420×420、 19.4KB
伝統的工芸品漆器:東北・関東地方浄法寺塗(じょうほうじぬり)岩手県
ぐいのみ
浄法寺塗は、8世紀前半、天台寺の寺僧によって始められた。じょうぶで存在感のある実用漆器が特徴である。材料は、天然漆。ケヤキ、ホオノキなどの天然木材。主な技法は、花塗り、ろいろ塗り、漆絵、粉まき絵、南部箔絵。主な産地:岩手県/盛岡市、二戸郡浄法寺町。