[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-ekk1.jpg
420×420、 27.9KB
伝統的工芸品漆器:東北・関東地方鎌倉彫(かまくらぼり)神奈川県
手刳(てぐり)ビワ文合子
鎌倉彫は、12世紀末、鎌倉幕府が開かれたころ仏師によって始められた。高度な彫りと塗り技術による、力強く大胆な漆器である。材料は、天然漆。カツラなどの天然木材。主な技法は、うすにく彫り、とうこん彫り、いろ漆塗り、ひくち塗り、まき塗り。主な産地:神奈川県/鎌倉市。

静止画
x-ekk2.jpg
420×420、 28.2KB
伝統的工芸品漆器:東北・関東地方鎌倉彫(かまくらぼり)神奈川県
ブドウ文手鏡
鎌倉彫は、12世紀末、鎌倉幕府が開かれたころ仏師によって始められた。高度な彫りと塗り技術による、力強く大胆な漆器である。材料は、天然漆。カツラなどの天然木材。主な技法は、うすにく彫り、とうこん彫り、いろ漆塗り、ひくち塗り、まき塗り。主な産地:神奈川県/鎌倉市。

静止画
x-ekk3.jpg
530×400、 57.1KB
伝統的工芸品漆器:東北・関東地方鎌倉彫(かまくらぼり)神奈川県
ほうおう文古代鏡盆
鎌倉彫は、12世紀末、鎌倉幕府が開かれたころ仏師によって始められた。高度な彫りと塗り技術による、力強く大胆な漆器である。材料は、天然漆。カツラなどの天然木材。主な技法は、うすにく彫り、とうこん彫り、いろ漆塗り、ひくち塗り、まき塗り。主な産地:神奈川県/鎌倉市。