[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-ens1.jpg
530×400、 19.6KB
伝統的工芸品漆器:東北・関東地方鳴子漆器(なるこしっき)宮城県
木地呂(きじろ)塗汁椀
鳴子漆器は、17世紀前期に始まった。わんや盆など親しみやすいくらしのうつわを多く生産している。材料は、天然漆。ケヤキ、トチなどの天然木材。主な技法は、きじろ塗り、ため塗り、むらくも塗り、花塗り、ろいろ塗り、まき絵。主な産地:宮城県/玉造郡鳴子町。

静止画
x-ens2.jpg
530×400、 29.5KB
伝統的工芸品漆器:東北・関東地方鳴子漆器(なるこしっき)宮城県
ケヤキすりうるし汁椀
鳴子漆器は、17世紀前期に始まった。わんや盆など親しみやすいくらしのうつわを多く生産している。材料は、天然漆。ケヤキ、トチなどの天然木材。主な技法は、きじろ塗り、ため塗り、むらくも塗り、花塗り、ろいろ塗り、まき絵。主な産地:宮城県/玉造郡鳴子町。

静止画
x-ens3.jpg
530×400、 36.4KB
伝統的工芸品漆器:東北・関東地方鳴子漆器(なるこしっき)宮城県
黒内朱(くろうちしゅ)こね鉢
鳴子漆器は、17世紀前期に始まった。わんや盆など親しみやすいくらしのうつわを多く生産している。材料は、天然漆。ケヤキ、トチなどの天然木材。主な技法は、きじろ塗り、ため塗り、むらくも塗り、花塗り、ろいろ塗り、まき絵。主な産地:宮城県/玉造郡鳴子町。