[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-eez1.jpg
530×400、 45.1KB
伝統的工芸品漆器:中部地方越前漆器(えちぜんしっき)福井県
唐花蒔絵(まきえ)四段重
越前漆器の起源は、6世紀とされ19世紀には現在の技法が確立した。沈金やまき絵の親しみやすいうつわを生産している。材料は、天然漆。トチノキ、ケヤキなどの天然木材。主な技法は、花塗り、ろいろ塗り、沈金、まき絵。主な産地:福井県/鯖江市。

静止画
x-eez2.jpg
530×400、 35.0KB
伝統的工芸品漆器:中部地方越前漆器(えちぜんしっき)福井県
フジ蒔絵(まきえ)飾り皿
越前漆器の起源は、6世紀とされ19世紀には現在の技法が確立した。沈金やまき絵の親しみやすいうつわを生産している。材料は、天然漆。トチノキ、ケヤキなどの天然木材。主な技法は、花塗り、ろいろ塗り、沈金、まき絵。主な産地:福井県/鯖江市。

静止画
x-eez3.jpg
530×400、 37.8KB
伝統的工芸品漆器:中部地方越前漆器(えちぜんしっき)福井県
蒔絵中棗(なつめ)
越前漆器の起源は、6世紀とされ19世紀には現在の技法が確立した。沈金やまき絵の親しみやすいうつわを生産している。材料は、天然漆。トチノキ、ケヤキなどの天然木材。主な技法は、花塗り、ろいろ塗り、沈金、まき絵。主な産地:福井県/鯖江市。

動画
x-eez4.mpg
320×240、 1.54MB

伝統的工芸品
漆器:中部地方越前漆器(えちぜんしっき)福井県
越前漆器の製作工程
起源は古く6世紀にまでさかのぼると伝えられ、19世紀には、ろいろ、蒔絵(まきえ)、沈金(ちんきん)などの技法も確立した。挽き物(ひきもの)はトチノキ、ミズメ、ケヤキなどをたて木挽きすること、塗りは花塗りを特徴とし、堅ろうな下地造りには定評がある。