[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-ehd1.jpg
420×420、 20.7KB
伝統的工芸品漆器:中部地方飛騨春慶(ひだしゅんけい)岐阜県
丸卓(まるじょく)茶道具
飛騨春慶は、17世紀初期に始まり、木材の肌や木目を生かした軽くてすきとおる漆塗りの美しさが特徴である。材料は、天然漆。ヒノキ、サワラ、トチ、ヒバなどの天然木材。主な技法は、小割り、へぎ目起こし、すり漆。主な産地:岐阜県/高山市、吉城郡神岡町。

静止画
x-ehd2.jpg
530×400、 32.0KB
伝統的工芸品漆器:中部地方飛騨春慶(ひだしゅんけい)岐阜県
手付八角菓子器
飛騨春慶は、17世紀初期に始まり、木材の肌や木目を生かした軽くてすきとおる漆塗りの美しさが特徴である。材料は、天然漆。ヒノキ、サワラ、トチ、ヒバなどの天然木材。主な技法は、小割り、へぎ目起こし、すり漆。主な産地:岐阜県/高山市、吉城郡神岡町。

静止画
x-ehd3.jpg
530×400、 28.6KB
伝統的工芸品漆器:中部地方飛騨春慶(ひだしゅんけい)岐阜県
丸弁当箱
飛騨春慶は、17世紀初期に始まり、木材の肌や木目を生かした軽くてすきとおる漆塗りの美しさが特徴である。材料は、天然漆。ヒノキ、サワラ、トチ、ヒバなどの天然木材。主な技法は、小割り、へぎ目起こし、すり漆。主な産地:岐阜県/高山市、吉城郡神岡町。