[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-eto1.jpg
420×420、 31.5KB
伝統的工芸品漆器:中部地方高岡漆器(たかおかしっき)富山県
彫刻塗桜茶たく
高岡漆器は、17世紀初期に始まった。18世紀中頃に盛んになり、中国の技法をもとにした特色のある技法が発展した。材料は、天然漆。カツラ、トチノキ、ホオノキ、ヒバなどの天然木材。主な技法は、彫刻塗り、勇助塗り、青貝塗り。主な産地:富山県/高岡市。

静止画
x-eto2.jpg
420×420、 21.7KB
伝統的工芸品漆器:中部地方高岡漆器(たかおかしっき)富山県
青貝(あおがい)茶箱
高岡漆器は、17世紀初期に始まった。18世紀中頃に盛んになり、中国の技法をもとにした特色のある技法が発展した。材料は、天然漆。カツラ、トチノキ、ホオノキ、ヒバなどの天然木材。主な技法は、彫刻塗り、勇助塗り、青貝塗り。主な産地:富山県/高岡市。

静止画
x-eto3.jpg
420×420、 23.4KB
伝統的工芸品漆器:中部地方高岡漆器(たかおかしっき)富山県
彫刻塗三段トレー
高岡漆器は、17世紀初期に始まった。18世紀中頃に盛んになり、中国の技法をもとにした特色のある技法が発展した。材料は、天然漆。カツラ、トチノキ、ホオノキ、ヒバなどの天然木材。主な技法は、彫刻塗り、勇助塗り、青貝塗り。主な産地:富山県/高岡市。