[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-ewj1.jpg
420×420、 20.5KB
伝統的工芸品漆器:中部地方輪島塗(わじまぬり)石川県
端反黒内朱(はぞりくろうちしゅ)汁椀
輪島塗は、11世紀初期に始まり15世紀に盛んになった。日本の代表的な漆器。特徴は、丈夫な下地造りと、美しい沈金、まき絵。材料は、天然漆。ヒバ、ケヤキなどの天然木材。主な技法は、布着せ、地の粉下地、花塗り、ろいろ塗り、沈金、まき絵。主な産地:石川県/輪島市。

静止画
x-ewj2.jpg
420×420、 31.0KB
伝統的工芸品漆器:中部地方輪島塗(わじまぬり)石川県
ボタン蒔絵(まきえ)宝石箱
輪島塗は、11世紀初期に始まり15世紀に盛んになった。日本の代表的な漆器。特徴は、丈夫な下地造りと、美しい沈金、まき絵。材料は、天然漆。ヒバ、ケヤキなどの天然木材。主な技法は、布着せ、地の粉下地、花塗り、ろいろ塗り、沈金、まき絵。主な産地:石川県/輪島市。

静止画
x-ewj3.jpg
420×420、 29.8KB
伝統的工芸品漆器:中部地方輪島塗(わじまぬり)石川県
朝顔沈金(ちんきん)吸物椀
輪島塗は、11世紀初期に始まり15世紀に盛んになった。日本の代表的な漆器。特徴は、丈夫な下地造りと、美しい沈金、まき絵。材料は、天然漆。ヒバ、ケヤキなどの天然木材。主な技法は、布着せ、地の粉下地、花塗り、ろいろ塗り、沈金、まき絵。主な産地:石川県/輪島市。