[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-eyn1.jpg
420×420、 26.3KB
伝統的工芸品漆器:中部地方山中漆器(やまなかしっき)石川県
木地呂(きじろ)塗花入
山中漆器は、16世紀末期に始まった。伝統的に木地のろくろ技術にすぐれ、糸目ひき、千筋など多彩な加飾ひきが特徴である。材料は、天然漆。ケヤキ、ミズメなどの天然木材。主な技法は、木地造り、ふき漆、木目ため塗り、こま塗りなど。主な産地:石川県/加賀市、江沼郡山中町。

静止画
x-eyn2.jpg
420×420、 24.5KB
伝統的工芸品漆器:中部地方山中漆器(やまなかしっき)石川県
ちょうちん型汁椀(しるわん)
山中漆器は、16世紀末期に始まった。伝統的に木地のろくろ技術にすぐれ、糸目ひき、千筋など多彩な加飾ひきが特徴である。材料は、天然漆。ケヤキ、ミズメなどの天然木材。主な技法は、木地造り、ふき漆、木目ため塗り、こま塗りなど。主な産地:石川県/加賀市、江沼郡山中町。

静止画
x-eyn3.jpg
420×420、 26.8KB
伝統的工芸品漆器:中部地方山中漆器(やまなかしっき)石川県
塗分(ぬりわけ)ワインカップ
山中漆器は、16世紀末期に始まった。伝統的に木地のろくろ技術にすぐれ、糸目ひき、千筋など多彩な加飾ひきが特徴である。材料は、天然漆。ケヤキ、ミズメなどの天然木材。主な技法は、木地造り、ふき漆、木目ため塗り、こま塗りなど。主な産地:石川県/加賀市、江沼郡山中町。

動画
x-eyn4.mpg
320×240、 1.16MB

伝統的工芸品
漆器:中部地方山中漆器(やまなかしっき)石川県
山中漆器の製作工程
16世紀末に始まる。豊富なケヤキ材やミズメ、トチノキ、マツなどを木地としたろくろ挽(び)きの技術に優れ、木目を生かした拭き漆(うるし)のほか、木目溜塗(ためぬり)、こま塗など多種の塗り技法がある。