[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-kbs1.jpg
420×420、 73.3KB
伝統的工芸品諸工芸品:近畿地方播州毛鉤(ばんしゅうけばり)兵庫県
鮎毛鉤「明ガラス」
播州毛鉤は、19世紀中期、地元の行商人が京都の毛ばりの製法を広めたのが始まり。魚や川虫の種類、水質、天候、季節など自然条件に対応して千種以上もの毛ばりがある。材料は、鉄、漆、羽毛。主な技法は、底漆塗り、つの付け、胴巻き、玉付け。主な産地:兵庫県/西脇市。

静止画
x-kbs2.jpg
420×420、 64.5KB
伝統的工芸品諸工芸品:近畿地方播州毛鉤(ばんしゅうけばり)兵庫県
鮎毛鉤「黒仙石」
播州毛鉤は、19世紀中期、地元の行商人が京都の毛ばりの製法を広めたのが始まり。魚や川虫の種類、水質、天候、季節など自然条件に対応して千種以上もの毛ばりがある。材料は、鉄、漆、羽毛。主な技法は、底漆塗り、つの付け、胴巻き、玉付け。主な産地:兵庫県/西脇市。

静止画
x-kbs3.jpg
420×420、 34.2KB
伝統的工芸品諸工芸品:近畿地方播州毛鉤(ばんしゅうけばり)兵庫県
いろいろな毛鉤(けばり)
播州毛鉤は、19世紀中期、地元の行商人が京都の毛ばりの製法を広めたのが始まり。魚や川虫の種類、水質、天候、季節など自然条件に対応して千種以上もの毛ばりがある。材料は、鉄、漆、羽毛。主な技法は、底漆塗り、つの付け、胴巻き、玉付け。主な産地:兵庫県/西脇市。

動画
x-kbs4.mpg
320×240、 1.53MB

伝統的工芸品
諸工芸品:近畿地方播州毛鉤(ばんしゅうけばり)兵庫県
播州毛鉤の製作工程
天保年間(1830〜1844年)地元の行商人が京都より持帰り、その製法を広めたといわれる。工程は、漆(うるし)塗り、羽毛の巻き付け、金箔はり付けなど、全て熟練した職人の精巧な作業で生産される。