[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-kki1.jpg
530×400、 82.6KB
伝統的工芸品諸工芸品:近畿地方京石工芸品(きょういしこうげいひん)京都府
勧修寺(かじゅじ)型石燈籠
京石工芸品は、平安時代に始まり、鎌倉時代には仏教関連の、室町時代以降は茶道関連の製品が盛んに作られた。現在は庭園用製品が多く、一人の石工が全工程を手がけている。材料は、しらかわ石、たいこう石など。主な技法は、型づくり、彫り、仕上げ。主な産地:京都府/京都市。

静止画
x-kki2.jpg
530×400、 66.2KB
伝統的工芸品諸工芸品:近畿地方京石工芸品(きょういしこうげいひん)京都府
飾り皿
京石工芸品は、平安時代に始まり、鎌倉時代には仏教関連の、室町時代以降は茶道関連の製品が盛んに作られた。現在は庭園用製品が多く、一人の石工が全工程を手がけている。材料は、しらかわ石、たいこう石など。主な技法は、型づくり、彫り、仕上げ。主な産地:京都府/京都市。

静止画
x-kki3.jpg
360×480、 66.7KB
伝統的工芸品諸工芸品:近畿地方京石工芸品(きょういしこうげいひん)京都府
竹型置燈籠
京石工芸品は、平安時代に始まり、鎌倉時代には仏教関連の、室町時代以降は茶道関連の製品が盛んに作られた。現在は庭園用製品が多く、一人の石工が全工程を手がけている。材料は、しらかわ石、たいこう石など。主な技法は、型づくり、彫り、仕上げ。主な産地:京都府/京都市。