[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-ked1.jpg
530×400、 48.8KB
伝統的工芸品諸工芸品:東北・関東地方江戸木目込人形(えどきめこみにんぎょう)埼玉県・東京都
雛人形「女雛」
江戸木目込人形は、19世紀中期に始まる。特徴は、単に衣裳を着せた人形と違い衣裳を胴体にきめこんで固定すること。材料は、キリ、白雲土、絹織物、綿織物。主な技法は、頭、胴体、手足の素地づくり、着付け、面相(顔)がき。主な産地:埼玉県/岩槻市。東京都/台東区。

静止画
x-ked2.jpg
530×400、 32.9KB
伝統的工芸品諸工芸品:東北・関東地方江戸木目込人形(えどきめこみにんぎょう)埼玉県・東京都
雛人形「親王飾り」
江戸木目込人形は、19世紀中期に始まる。特徴は、単に衣裳を着せた人形と違い衣裳を胴体にきめこんで固定すること。材料は、キリ、白雲土、絹織物、綿織物。主な技法は、頭、胴体、手足の素地づくり、着付け、面相(顔)がき。主な産地:埼玉県/岩槻市。東京都/台東区。

静止画
x-ked3.jpg
420×420、 38.0KB
伝統的工芸品諸工芸品:東北・関東地方江戸木目込人形(えどきめこみにんぎょう)埼玉県・東京都
おぼこ人形
江戸木目込人形は、19世紀中期に始まる。特徴は、単に衣裳を着せた人形と違い衣裳を胴体にきめこんで固定すること。材料は、キリ、白雲土、絹織物、綿織物。主な技法は、頭、胴体、手足の素地づくり、着付け、面相(顔)がき。主な産地:埼玉県/岩槻市。東京都/台東区。

動画
x-ked4.mpg
320×240、 1.54MB

伝統的工芸品
諸工芸品:東北・関東地方江戸木目込人形(えどきめこみにんぎょう)埼玉県・東京都
江戸木目込人形の製作工程
18世紀に京都で始まった木目込人形は、幕末になると江戸でも盛んに作られるようになった。木型に桐の粉と生ふ糊を混ぜたものを詰めて、塑像(そぞう)を作り、胡粉(ごふん)を塗って、衣装を胴体に木目込んでできあがる。