[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-kgf1.jpg
360×480、 31.0KB
伝統的工芸品諸工芸品:中部地方岐阜提灯(ぎふちょうちん)岐阜県
秋草文盆灯ろう
岐阜提灯は、18世紀中頃に始まり19世紀に盛んになった。地元の質の良い和紙と豊富な竹により、たまご型で秋草がらのちょうちんなどが生産されている。材料は、和紙、絹織物、マダケなど。主な技法は、地紙や生地の加工・加飾、火袋加工、木地加工。主な産地:岐阜県/岐阜市。

静止画
x-kgf2.jpg
360×480、 31.5KB
伝統的工芸品諸工芸品:中部地方岐阜提灯(ぎふちょうちん)岐阜県
蒔絵(まきえ)台付盆灯ろう
岐阜提灯は、18世紀中頃に始まり19世紀に盛んになった。地元の質の良い和紙と豊富な竹により、たまご型で秋草がらのちょうちんなどが生産されている。材料は、和紙、絹織物、マダケなど。主な技法は、地紙や生地の加工・加飾、火袋加工、木地加工。主な産地:岐阜県/岐阜市。

静止画
x-kgf3.jpg
360×480、 35.9KB
伝統的工芸品諸工芸品:中部地方岐阜提灯(ぎふちょうちん)岐阜県
提灯「源氏物語絵巻」
岐阜提灯は、18世紀中頃に始まり19世紀に盛んになった。地元の質の良い和紙と豊富な竹により、たまご型で秋草がらのちょうちんなどが生産されている。材料は、和紙、絹織物、マダケなど。主な技法は、地紙や生地の加工・加飾、火袋加工、木地加工。主な産地:岐阜県/岐阜市。

動画
x-kgf4.mpg
320×240、 1.53MB

伝統的工芸品
諸工芸品:中部地方岐阜提灯(ぎふちょうちん)岐阜県
岐阜提灯の製作工程
18世紀中頃に始まったといわれ、江戸時代には、今日見られるような提灯(ちょうちん)となった。良質の和紙や竹の産地が近いことから発展し、製品は玉子型で薄紙に秋草の柄(がら)が刷り込まれている。