[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-dig1.jpg
420×420、 24.0KB
伝統的工芸品陶磁器:近畿・中国四国地方伊賀焼(いがやき)三重県
青土瓶(あおどびん)
伊賀焼は、安土桃山時代以降に茶道の影響を受け発展した。現在では火に強い地元の陶土の特質を生かした日用陶器を生産。材料は、せいたけがいろめ粘土、丸柱粘土。主な技法は、たたら、ろくろ、手ひねり、絵付け、くすりがけ、焼きしめ。主な産地:三重県/上野市、阿山郡阿山町。

静止画
x-dig2.jpg
420×420、 32.2KB
伝統的工芸品陶磁器:近畿・中国四国地方伊賀焼(いがやき)三重県
芋頭(いもがしら)水指(みずさし)茶道具
伊賀焼は、安土桃山時代以降に茶道の影響を受け発展した。現在では火に強い地元の陶土の特質を生かした日用陶器を生産。材料は、せいたけがいろめ粘土、丸柱粘土。主な技法は、たたら、ろくろ、手ひねり、絵付け、くすりがけ、焼きしめ。主な産地:三重県/上野市、阿山郡阿山町。

静止画
x-dig3.jpg
420×420、 24.6KB
伝統的工芸品陶磁器:近畿・中国四国地方伊賀焼(いがやき)三重県
イラボ片口(かたくち)
伊賀焼は、安土桃山時代以降に茶道の影響を受け発展した。現在では火に強い地元の陶土の特質を生かした日用陶器を生産。材料は、せいたけがいろめ粘土、丸柱粘土。主な技法は、たたら、ろくろ、手ひねり、絵付け、くすりがけ、焼きしめ。主な産地:三重県/上野市、阿山郡阿山町。