[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-dyb1.jpg
420×420、 28.1KB
伝統的工芸品陶磁器:近畿・中国四国地方四日市萬古焼(よつかいちばんこやき)三重県
紫泥(しでい)コシキ口急須
四日市萬古焼は、18世紀中ごろ桑名の陶工、沼波弄山(ぬまなみろうざん)によって始められた。紫泥(しでい)と呼ばれる器(せっき)の茶器や赤絵陶器が特徴。材料は、ちた黄土、たるさか黄土など。主な技法は、ろくろ、押型、絵付け。主な産地:三重県/四日市市、鈴鹿市。

静止画
x-dyb2.jpg
420×420、 29.4KB
伝統的工芸品陶磁器:近畿・中国四国地方四日市萬古焼(よつかいちばんこやき)三重県
紫泥(しでい)獅子(しし)急須
四日市萬古焼は、18世紀中ごろ桑名の陶工、沼波弄山(ぬまなみろうざん)によって始められた。紫泥(しでい)と呼ばれる器(せっき)の茶器や赤絵陶器が特徴。材料は、ちた黄土、たるさか黄土など。主な技法は、ろくろ、押型、絵付け。主な産地:三重県/四日市市、鈴鹿市。

静止画
x-dyb3.jpg
530×400、 55.3KB
伝統的工芸品陶磁器:近畿・中国四国地方四日市萬古焼(よつかいちばんこやき)三重県
赤絵飾皿など
四日市萬古焼は、18世紀中ごろ桑名の陶工、沼波弄山(ぬまなみろうざん)によって始められた。紫泥(しでい)と呼ばれる器(せっき)の茶器や赤絵陶器が特徴。材料は、ちた黄土、たるさか黄土など。主な技法は、ろくろ、押型、絵付け。主な産地:三重県/四日市市、鈴鹿市。