[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-dan1.jpg
420×420、 33.0KB
伝統的工芸品陶磁器:九州地方上野焼(あがのやき)福岡県
鉄釉(てつゆう)ザクロ文組皿
上野焼は、17世紀初め、細川三斉公の命により始められた。茶陶として発展したため、薄手で軽い茶道用陶器を多く生産している。材料は、あがの陶土。主な技法は、ろくろ、たたき、たたら、絵付け、くすりがけ。主な産地:福岡県/田川郡赤池町。

静止画
x-dan2.jpg
420×420、 26.5KB
伝統的工芸品陶磁器:九州地方上野焼(あがのやき)福岡県
丸肩衝(まるかたつき)茶入
上野焼は、17世紀初め、細川三斉公の命により始められた。茶陶として発展したため、薄手で軽い茶道用陶器を多く生産している。材料は、あがの陶土。主な技法は、ろくろ、たたき、たたら、絵付け、くすりがけ。主な産地:福岡県/田川郡赤池町。

静止画
x-dan3.jpg
360×480、 26.1KB
伝統的工芸品陶磁器:九州地方上野焼(あがのやき)福岡県
緑釉瓶子(りょくゆうへいし)
上野焼は、17世紀初め、細川三斉公の命により始められた。茶陶として発展したため、薄手で軽い茶道用陶器を多く生産している。材料は、あがの陶土。主な技法は、ろくろ、たたき、たたら、絵付け、くすりがけ。主な産地:福岡県/田川郡赤池町。