[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-dhs1.jpg
420×420、 26.8KB
伝統的工芸品陶磁器:九州地方波佐見焼(はさみやき)長崎県
白磁輪花(はくじりんか)高杯
波佐見焼は、16世紀末に大村藩の御用窯として始められた。透けるような白磁の美しさと、呉須で絵付された繊細で深い味わいのある磁器である。材料は、天草陶石、みつまた陶石。主な技法は、ろくろ、押しこみ、型打ち。主な産地:長崎県/東彼杵郡波佐見町。

静止画
x-dhs2.jpg
530×400、 35.1KB
伝統的工芸品陶磁器:九州地方波佐見焼(はさみやき)長崎県
波佐見焼の代表的な作品
波佐見焼は、16世紀末に大村藩の御用窯として始められた。透けるような白磁の美しさと、呉須で絵付された繊細で深い味わいのある磁器である。材料は、天草陶石、みつまた陶石。主な技法は、ろくろ、押しこみ、型打ち。主な産地:長崎県/東彼杵郡波佐見町。

静止画
x-dhs3.jpg
530×400、 41.4KB
伝統的工芸品陶磁器:九州地方波佐見焼(はさみやき)長崎県
木賊(とくさ)高台鉢
波佐見焼は、16世紀末に大村藩の御用窯として始められた。透けるような白磁の美しさと、呉須で絵付された繊細で深い味わいのある磁器である。材料は、天草陶石、みつまた陶石。主な技法は、ろくろ、押しこみ、型打ち。主な産地:長崎県/東彼杵郡波佐見町。