[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-dia1.jpg
420×420、 33.5KB
伝統的工芸品陶磁器:九州地方伊万里・有田焼(いまり・ありたやき)佐賀県
染錦(そめにしき)花瓶
伊万里・有田焼は、17世紀初期、李参平(りさんぺい)によって始められ、その後、赤絵の完成、西洋との貿易などで世界的な磁器産地に発展した。材料は、天草陶石、泉山陶石。主な技法は、ろくろ、手ひねり、絵付け、くすりがけ。主な産地:佐賀県/伊万里市、西松浦郡有田町。

静止画
x-dia2.jpg
420×420、 41.4KB
伝統的工芸品陶磁器:九州地方伊万里・有田焼(いまり・ありたやき)佐賀県
シダ絵細口花瓶
伊万里・有田焼は、17世紀初期、李参平(りさんぺい)によって始められ、その後、赤絵の完成、西洋との貿易などで世界的な磁器産地に発展した。材料は、天草陶石、泉山陶石。主な技法は、ろくろ、手ひねり、絵付け、くすりがけ。主な産地:佐賀県/伊万里市、西松浦郡有田町。

静止画
x-dia3.jpg
420×420、 25.7KB
伝統的工芸品陶磁器:九州地方伊万里・有田焼(いまり・ありたやき)佐賀県
赤絵組皿(あかえくみざら)
伊万里・有田焼は、17世紀初期、李参平(りさんぺい)によって始められ、その後、赤絵の完成、西洋との貿易などで世界的な磁器産地に発展した。材料は、天草陶石、泉山陶石。主な技法は、ろくろ、手ひねり、絵付け、くすりがけ。主な産地:佐賀県/伊万里市、西松浦郡有田町。

動画
x-dia4.mpg
320×240、 1.53MB

伝統的工芸品
陶磁器:九州地方伊万里・有田焼(いまり・ありたやき)佐賀県
伊万里・有田焼の製作工程
17世紀初期に始まり、赤絵の完成とあいまって、今日の基礎が築かれた。江戸時代より海外に輸出され、また京焼などの磁器産地に技術を伝えた功績は大きい。今日でも日本有数の磁器の産地として有名。