[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-dmw1.jpg
420×420、 43.8KB
伝統的工芸品陶磁器:九州地方三川内焼(みかわちやき)長崎県
ハマグリ型珍味入(ちんみいれ)
三川内焼は、16世紀末に始まり平戸藩の御用窯として発展した。唐子絵(からこえ)の染め付けで名高い磁器である。現在も格調高い食器や置物を生産している。材料は、天草陶石。主な技法は、ろくろ、手ひねり、透かし彫り、編み上げ。絵付け。主な産地:長崎県/佐世保市。

静止画
x-dmw2.jpg
420×420、 37.4KB
伝統的工芸品陶磁器:九州地方三川内焼(みかわちやき)長崎県
ボタン唐草(からくさ)酒器
三川内焼は、16世紀末に始まり平戸藩の御用窯として発展した。唐子絵(からこえ)の染め付けで名高い磁器である。現在も格調高い食器や置物を生産している。材料は、天草陶石。主な技法は、ろくろ、手ひねり、透かし彫り、編み上げ。絵付け。主な産地:長崎県/佐世保市。

静止画
x-dmw3.jpg
530×400、 46.5KB
伝統的工芸品陶磁器:九州地方三川内焼(みかわちやき)長崎県
三川内焼の代表的な作品
三川内焼は、16世紀末に始まり平戸藩の御用窯として発展した。唐子絵(からこえ)の染め付けで名高い磁器である。現在も格調高い食器や置物を生産している。材料は、天草陶石。主な技法は、ろくろ、手ひねり、透かし彫り、編み上げ。絵付け。主な産地:長崎県/佐世保市。