[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-dkm1.jpg
530×400、 48.6KB
伝統的工芸品陶磁器:東北・関東・中部地方笠間焼(かさまやき)茨城県
ゆのみ各種
笠間焼は、19世紀末に美濃(みの=岐阜県)出身の陶工により発展した。赤褐色の渋く温か味のある肌合いの日用陶器を生産している。材料は、笠間粘土、がいろめ粘土など。主な技法は、ろくろ、型起こし、絵付け、くすりがけ。主な産地:茨城県/笠間市。

静止画
x-dkm2.jpg
530×400、 42.9KB
伝統的工芸品陶磁器:東北・関東・中部地方笠間焼(かさまやき)茨城県
灰釉(かいゆう)木の葉組鉢
笠間焼は、19世紀末に美濃(みの=岐阜県)出身の陶工により発展した。赤褐色の渋く温か味のある肌合いの日用陶器を生産している。材料は、笠間粘土、がいろめ粘土など。主な技法は、ろくろ、型起こし、絵付け、くすりがけ。主な産地:茨城県/笠間市。

静止画
x-dkm3.jpg
420×420、 24.3KB
伝統的工芸品陶磁器:東北・関東・中部地方笠間焼(かさまやき)茨城県
柿釉(かきゆう)酒器
笠間焼は、19世紀末に美濃(みの=岐阜県)出身の陶工により発展した。赤褐色の渋く温か味のある肌合いの日用陶器を生産している。材料は、笠間粘土、がいろめ粘土など。主な技法は、ろくろ、型起こし、絵付け、くすりがけ。主な産地:茨城県/笠間市。