[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-dmk1.jpg
420×420、 28.2KB
伝統的工芸品陶磁器:東北・関東・中部地方益子焼(ましこやき)栃木県
粉引(こひき)鉄絵酒器
益子焼は、19世紀中ごろ笠間焼の影響を受けて始まる。落ち着いた光沢のある素朴な日用陶器である。材料は、しんぷくじ粘土、きぶし粘土など。主な技法は、ろくろ、型起こし、絵付け、くすりがけ。主な産地:栃木県/芳賀郡益子町。

静止画
x-dmk2.jpg
420×420、 32.4KB
伝統的工芸品陶磁器:東北・関東・中部地方益子焼(ましこやき)栃木県
ききょう文花器
益子焼は、19世紀中ごろ笠間焼の影響を受けて始まる。落ち着いた光沢のある素朴な日用陶器である。材料は、しんぷくじ粘土、きぶし粘土など。主な技法は、ろくろ、型起こし、絵付け、くすりがけ。主な産地:栃木県/芳賀郡益子町。

静止画
x-dmk3.jpg
360×480、 28.6KB
伝統的工芸品陶磁器:東北・関東・中部地方益子焼(ましこやき)栃木県
柿釉(かきゆう)白流かめ
益子焼は、19世紀中ごろ笠間焼の影響を受けて始まる。落ち着いた光沢のある素朴な日用陶器である。材料は、しんぷくじ粘土、きぶし粘土など。主な技法は、ろくろ、型起こし、絵付け、くすりがけ。主な産地:栃木県/芳賀郡益子町。