[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-doh1.jpg
420×420、 26.9KB
伝統的工芸品陶磁器:東北・関東・中部地方大堀相馬焼(おおぼりそうまやき)福島県
透かし彫二重酒器
大堀相馬焼は、17世紀末相馬藩の振興により発展した。製品は、青ひびといわれるうわぐすりの日用陶器が多い。材料は、おおぼり粘土、かしま粘土。主な技法は、ろくろ、押形、手ひねり、絵付け、くすりがけ。主な産地:福島県/双葉郡浪江町。

静止画
x-doh2.jpg
360×480、 27.2KB
伝統的工芸品陶磁器:東北・関東・中部地方大堀相馬焼(おおぼりそうまやき)福島県
青磁釉花瓶
大堀相馬焼は、17世紀末相馬藩の振興により発展した。製品は、青ひびといわれるうわぐすりの日用陶器が多い。材料は、おおぼり粘土、かしま粘土。主な技法は、ろくろ、押形、手ひねり、絵付け、くすりがけ。主な産地:福島県/双葉郡浪江町。

静止画
x-doh3.jpg
360×480、 31.7KB
伝統的工芸品陶磁器:東北・関東・中部地方大堀相馬焼(おおぼりそうまやき)福島県
鶴首花入と二重湯のみ
大堀相馬焼は、17世紀末相馬藩の振興により発展した。製品は、青ひびといわれるうわぐすりの日用陶器が多い。材料は、おおぼり粘土、かしま粘土。主な技法は、ろくろ、押形、手ひねり、絵付け、くすりがけ。主な産地:福島県/双葉郡浪江町。