[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-dst1.jpg
420×420、 38.2KB
伝統的工芸品陶磁器:東北・関東・中部地方瀬戸染付焼(せとそめつけやき)愛知県
草花文大皿
瀬戸染付焼は、19世紀前半加藤民吉が九州から磁器の製法を伝えて始まる。製品は、食器からテーブルなどの大型品まで、主に磁器を生産している。原料は、さなげ長石、本山きぶし粘土など。主な技法は、ろくろ、型打ち、手ひねり、絵付け、くすりがけ。主な産地:愛知県/瀬戸市。

静止画
x-dst2.jpg
420×420、 20.8KB
伝統的工芸品陶磁器:東北・関東・中部地方瀬戸染付焼(せとそめつけやき)愛知県
呉須絵(ごすえ)大皿
瀬戸染付焼は、19世紀前半加藤民吉が九州から磁器の製法を伝えて始まる。製品は、食器からテーブルなどの大型品まで、主に磁器を生産している。原料は、さなげ長石、本山きぶし粘土など。主な技法は、ろくろ、型打ち、手ひねり、絵付け、くすりがけ。主な産地:愛知県/瀬戸市。

静止画
x-dst3.jpg
420×420、 30.6KB
伝統的工芸品陶磁器:東北・関東・中部地方瀬戸染付焼(せとそめつけやき)愛知県
花卉文(かきもん)壷
瀬戸染付焼は、19世紀前半加藤民吉が九州から磁器の製法を伝えて始まる。製品は、食器からテーブルなどの大型品まで、主に磁器を生産している。原料は、さなげ長石、本山きぶし粘土など。主な技法は、ろくろ、型打ち、手ひねり、絵付け、くすりがけ。主な産地:愛知県/瀬戸市。