[注意]利用規約を未読の方は、画像等をご利用になる前に必ず利用規約をお読み下さい。


静止画
x-dtn1.jpg
530×400、 33.5KB
伝統的工芸品陶磁器:東北・関東・中部地方常滑焼(とこなめやき)愛知県
手びねり植木鉢
常滑焼は、12世紀ごろに始まり、朱泥(しゅでい)などの器(せっき)の茶器や陶器の盆栽鉢などを生産している。器は陶器と磁器の中間の性質を持つ。材料は、ふうき粘土、いたやま粘土など。主な技法は、ろくろ、押型、くすりがけ、焼きしめ。主な産地:愛知県/常滑市。

静止画
x-dtn2.jpg
530×400、 46.2KB
伝統的工芸品陶磁器:東北・関東・中部地方常滑焼(とこなめやき)愛知県
練込(ねりこみ)茶器
常滑焼は、12世紀ごろに始まり、朱泥(しゅでい)などの器(せっき)の茶器や陶器の盆栽鉢などを生産している。器は陶器と磁器の中間の性質を持つ。材料は、ふうき粘土、いたやま粘土など。主な技法は、ろくろ、押型、くすりがけ、焼きしめ。主な産地:愛知県/常滑市。

静止画
x-dtn3.jpg
420×420、 27.3KB
伝統的工芸品陶磁器:東北・関東・中部地方常滑焼(とこなめやき)愛知県
焼締(やきしめ)菓子器
常滑焼は、12世紀ごろに始まり、朱泥(しゅでい)などの器(せっき)の茶器や陶器の盆栽鉢などを生産している。器は陶器と磁器の中間の性質を持つ。材料は、ふうき粘土、いたやま粘土など。主な技法は、ろくろ、押型、くすりがけ、焼きしめ。主な産地:愛知県/常滑市。